スタッフブログ

Blog

2019/04/28

【徳島県で注文住宅を検討中の方】ZEHの特徴について解説!

コラム

ZEHという言葉を聞いたことはないでしょうか。
ZEHについて意味や特徴を知りたい。
このような希望をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、ZEHに注目して、注文住宅の特徴を見ていきましょう。


□ZEHとは


ZEHでゼッチと読みます。
Net Zero Energy Houseの略で、省エネ・創エネ・断熱・畜エネにより年間の光熱費などの消費を実質ゼロにする住宅のことです。
冷暖房や照明、給湯に必要な電気エネルギーの消費と生産の合計が最終的にプラスマイナスゼロになることです。
ZEH住宅の例として、断熱素材の窓や外壁にすることで家自体の省エネ性を向上させることが挙げられます。
そして、太陽光パネルで発電・蓄電を組み合わせたエネルギー循環にすることで自給自足を助けます。
また、過剰に消費することを防ぐので環境にやさしい家の形と言えるでしょう。


□ZEHの特徴


ZEH型住宅の特徴は従来の省エネにはなかった創るエネルギー、つまり「創エネ」の導入です。
「消費より創るエネルギーが多い家」ということです。
省エネによりエネルギー消費を抑えることがこれまでのエコな家でした。
これからは自宅で発電する時代になりそうです。

*省エネ


少ない電力を必要とする省エネ照明を取り付けることが、例として考えられます。


*創エネ


太陽光パネルで発電します。
消費されるエネルギーよりたくさんのエネルギーを創ります。

*断熱


高い断熱仕様で夏・冬の過剰な電力消費をカットします。
また、窓やドアから漏れてくる冷たい・熱い空気をカットして高断熱にします。

*畜エネ


バッテリーのように、創った電力は貯めることで発電時間以外にも使える備えです。


□メリット

 

*補助金制度


ZEH住宅なら補助金を利用できます。
政府は2020年までに新築住宅のZEH導入を5割まで引き上げることを目標に補助金を交付することを発表しています。
一世帯あたり70万円を一律に支給するとしています。
蓄電池を設置する場合は30万円を限度に1kWhあたり3万円の補助金も支給しています。

*災害への備え


ZEHは電気を創ることができるので災害時でも代替エネルギーとして利用することが可能です。


□デメリット

*コスト面


ZEH住宅は一般の住宅に比べ建設費用が高額になることが考えられます。
機能面やその他仕様に関しても最新機器を搭載されているためコストも従来型より高くなります。


□まとめ


今回は、今後の注文住宅のご参考にZEHの特徴についてご紹介しました。
ZEHですと建設費用が、一般の住宅よりも高くなると言えるでしょう。
しかし、補助金制度も利用していますし、長期的な視点で捉えると光熱費や住みやすさの面からも十分なメリットになると言えそうです。
また、災害時の強い味方にもなるので、今後注文住宅をお考えの方でしたらZEHの導入も検討されてみてはいかがでしょうか。

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。