スタッフブログ

Blog

2018/12/28

【徳島県の注文住宅ならお任せ】キッチンの選び方をご紹介

ブログ

「料理が好きなのでキッチンにはこだわりたい!」
「どのキッチンがおすすめなのかわからない」
このような方はいらっしゃいませんか?
注文住宅を建てる時、キッチン選びに迷ってしまう方も多いはず。
今回はあなたの好みに合わせてどのタイプのキッチンがおすすめか解説していきます。

 

□キッチンのタイプ

 

キッチンのタイプは大きく分けて対面式の「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」、非対面式の「独立型キッチン」の3種類に分けられます。
まず対面と非対面タイプの違いを説明すると、対面はリビングと接してカウンター越しに相手とコミュニケーションが取れるキッチンのことを指します。
対面式のメリットは家族とのコミュニケーションや配膳の手間が省けることですね。
一方で油ハネや匂いの充満などデメリットもあります。
非対面式とはリビングとキッチンが別れたタイプのキッチンを意味します。
キッチン部分が独立しているので料理だけに集中できるのがこのタイプの魅力。
では具体的にそれぞれのキッチンの特徴について見ていきましょう。

 

[セミオープンキッチン]
I型とL型の2種類があります。
セミオープンキッチンの魅力は家族とのコミュニケーションや配膳のしやすさを保ちながらも、油はねの防止など機能性を重視したデザインです。
複数人で使用しても動きやすく、様々なデザインや種類があるため選びやすいのもメリットですね。
費用は60〜130万円程度です。

 

*I型 

シンクやコンロを横一列に配置したキッチン。
オーソドックスで使いやすいキッチンです。

 

*L型

効率よく作業ができ、複数人でも料理がしやすいのが大きなメリットです。
  
[オープンキッチン]
アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの2種類があります。
オープンキッチンの最大の魅力は開放感のあるデザインではないでしょうか。
調理に使えるスペースが広いため、じっくり料理に集中できるのもメリット。

 

*アイランドキッチン

おしゃれで開放感のある憧れのキッチンですね。
相場は150万円〜200万円程度。

*ペニンシュラキッチン

片側が壁に接しているので、アイランドタイプほどスペースを取らず油ハネの心配もいりません。
相場は80万円〜200万円程度。

[独立型キッチン]
リビングと独立してキッチンが存在するタイプ。
オープンタイプとは違って料理の匂いや煙が充満しないのがメリットです。
また急な来客時も片付けに焦らなくて済むので便利ですね。
相場は100万円〜140万円程度。

 

□さいごに

 

今回はそれぞれのキッチンの魅力についてお話しましたが、いかがでしたか?
コミュニケーションや子供の見守りには対面式のキッチンがおすすめですし、料理に集中したい方には独立型のキッチンがおすすめです。
あなたの好みに合わせて素敵なキッチンを選んでくださいね。