スタッフブログ

Blog

2018/09/07

注文住宅での外観はどうしたい?デザインの考え方教えます!

コラム

 

注文住宅をお考えの方が最も悩む問題の一つがデザインです。
多くの方が「おしゃれな家にしたい」「かっこいい家にしたい」「かわいい家にしたい」などと考えます。
しかし、いざそのデザインを考えるとなると、難しいですよね?

 

また、アメリカン・シンプルモダン・和風モダン・カントリー風・ヨーロピアンなど、デザインにも非常に多くの種類がありますが、どれも抽象的で具体的にどう考えたらいいか分からないこともあるでしょう。
そこで今回は、外観のデザインの考え方について住宅の形・窓・外壁の色という3つのポイントからお伝えします。

 

□住宅の形
住宅の形は言うまでもなく重要ですよね。
家の形は間取りによるところが大きいですが、逆に外観だけを考えると機能性が劣る間取りになってしまうので注意しましょう。

理想の家の形は追求しつつも間取りとのバランスも考えましょう。

 

□窓
みなさんは窓が何のためにあるか知っていますか?
もちろん、日当たりや風通しのためです。
それらも窓の重要な役割ですが、実は外観のデザイン対しても重要な役割を果たしているのです。
窓にはいくつか種類があり、どれを使うかで周囲に与える印象が異なります。

 

例えば、引き違い窓はコストが安いことから日本の多くの住宅で使われています。
しかし、性能やデザイン性には劣るため使い過ぎるとありきたりな印象になってしまいます。
すべり窓やFIX窓はおしゃれで性能にも優れているのでこれらと組み合わせるといいでしょう。
また、窓の配置の際には家全体のバランスをイメージしつつ考えるようにしましょう。

 

□外壁の色
外壁の色は住宅のデザイン性を左右する最も重要な要素の一つです。
色は増えれば増えるほど外観に統一感がなくなってしまうので、色は2色から3色にしましょう。
複数の色を使う場合はどういう風に色分けをするかが重要です。

 

平面的に分ける方法として、壁に対して縦や横にラインを入れます。
奥行き、つまり手前と奥で色を分けるのもいいと思います。

 

次に色選びです。
好きな色を使いたいかもしれませんが、屋根との配色や外壁の素材との相性を考えることでおしゃれに見せることが出来ます。
また、白色は光を反射して明るく見え、黒は高級感が出るなどの色の特徴も周囲の環境との調和も考慮して色を決めましょう。

 

□まとめ
今回は、外観のデザインの考え方を紹介しました。
外観の印象を左右するのは家の形・窓・色ですので、この3つを特に意識してデザインを考え理想の家を実現しましょう。
デザインだけなく注文住宅に関するご相談がございましたら、ぜひ株式会社ヤマジホームにご連絡ください。

 

ヤマジホームが手掛けた、素敵なお家はこちらから
https://zesttoku.com/gallery/

資料請求はコチラ!

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。