• Home
  • スタッフブログ
  • 注文住宅で資金計画をお考えの方へ、住宅ローン金利の違いについて解説

スタッフブログ

Blog

2018/10/05

注文住宅で資金計画をお考えの方へ、住宅ローン金利の違いについて解説

コラム

 

「住宅ローンの話を聞いていると、『固定金利』と『変動金利』の2つがあるけれども、どのような違いがあるのだろう?どっちが良いというのもあるのかな?」
注文住宅のプランを立てる際には資金計画を明確にされることが多いと思いますが、その時に住宅ローンを検討するとこのような疑問を持つかもしれません。

 

この2つにどのような違いがあるのかということについて今回はご紹介いたします。

 

□住宅ローンの『固定金利』と『変動金利』の違い
住宅ローンは特に住宅の新築などの高額な費用がかかるものにおいて大きな支えになりますよね。
しかしながら、借りた分は返済する必要があり、それ以上に利息いう形で追加の支払いをする必要があります。

 

借りた分を指す元金(がんきん)の何パーセントという計算方法で利息は決められるのですが、その利息というのは状況によって変動するものであるということをご存知でしょうか?
主に月額で支払うローンの返済ですが、その時点での割合に応じて利息が決まるというのが変動金利になります。
一方で、この変動をないものとし、借入段階の金利をその後の変動にかかわらず、初期段階の状態で一定とする方法が固定金利です。

 

□『固定金利』『変動金利』のメリットとデメリット
固定金利と変動金利のメリットとデメリットは互いの裏表の関係になりますので、ここでは主に固定金利の視点から考えてみましょう。
固定金利のメリットは何といっても金利が一律であることです。

 

契約後にどのように金利が変動しようとも最初の段階の金利が採用されているため、支払う金額が一定になります。
その月にいくら支払わなくてはならないのかということを考える必要がなく、初期の段階で返済の計画が立てやすいというのは大きな魅力と言えるでしょう。
そして仮に金利が上昇した時でも、もともとの数値が採用されるのはありがたいことですよね。

 

一方で、最初の値が高いと支払いが苦しくなるかもしれません。
先ほどの内容を逆に言いますと、契約時の数値が高くて後々に下がってきたとしても高い金利を支払い続けなければならないのです。
変動金利はその点においてはメリットとして挙げられ、変動に振り回されることや支払いの計画を立てにくいことがデメリットとなります。

 

□最後に
今回は、住宅ローンの種類としてある『固定金利』と『変動金利』にはどのような違いがあるのかということと、両者のメリットとデメリットについてご紹介いたしました。
現在の金利や今後の見通しを含め、メリットとデメリットをもとにご検討ください。

 

ヤマジホームが手掛けた、素敵なお家はこちらから
https://zesttoku.com/gallery/

資料請求はコチラ!

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。