スタッフブログ

Blog

2016/09/26

無垢材のメンテナンス

ブログ

こんにちは。先日テレビでバスケットのプロリーグが放映されていましたね。上の子が小学校に入って、バスケ部に入った影響か幼稚園に通っている下の子もサッカーが好きだったのに最近は「小学校に入ったらバスケする」って言っています。小、中、高とバスケをしていた妻の思惑通りに進んでいます・・・笑

さて、今日は無垢材のドアやフローリングのメンテナンスの仕方についてお話したいと思います。

小さなお子様がいるご家庭だと気を付けていてもキズや汚れができてしまうことと思います。キズについては、キズも含めて無垢材の味の一つと考えていただきたいのですが、汚れはキレイに落としたいですよね。

メンテナンスの方法は以下の通りです。

①軽い汚れ落とし(クレヨン、鉛筆など)

・乾いた雑巾やブラシで表面のホコリを取り除きます。

・乾いた雑巾で拭いても汚れが落ちない場合は、ワックスクリーナーを水で薄め写真:ワックスクリーナーたものを含ませ、固く絞った雑巾で拭いてください。

※ポイントは、固絞りした雑巾を使うことです(濡れ雑巾だと材を傷めてしまいます)

 

②取れにくい汚れ落とし(コーヒーなどのシミ、油性ペンなど)

・研磨用スポンジや市販のサンドペーパーで汚れを削り落とします。写真:メンテナンスキット

・その後、植物オイルを塗り、過剰分を拭き取ります。

※植物オイルを塗布する前に木切れなどで試し塗りしてください。

※植物オイルが付いたウエスや布などは絶対に丸めて放置しないでください。熱がこもり自然発火する恐れがありますので、必ず水に完全に浸して、水に濡らした状態でポリ袋などに入れ、密閉してから捨ててください。

ぜひ、日々のお手入れにお役立てください!

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。