スタッフブログ

Blog

2018/09/03

知らないと損かも!注文住宅で高気密高断熱にするメリットとは!

コラム

 

皆さんは高気密や高断熱という言葉をご存知ですか?
住宅を高気密かつ高断熱にすることによって私たちは多くの恩恵を受けることができ、日々の生活をより豊かで快適なものにすることが出来ます。
今回は、まず高気密と高断熱の住宅がどういうものなのかを説明し、次にそういった住宅のメリットについてお伝えしていきます。

 

□高気密高断熱の住宅とは?
文字通り、気密性と断熱性に優れた住宅です。
気密性は、室内の空気が外に流出しない性質のことを表します。
断熱性は、外の熱が住宅の中に伝わりにくい性質のことを表します。

 

つまり、高気密高断熱の住宅は、室内の空気を逃しにくく、外の熱を室内に伝わりにくくした住宅です。
では、これらには一体どんなメリットがあるのでしょうか?

 

□高気密高断熱のメリット
*光熱費が節約できる
先ほどの説明から、冬は熱がこもって暖かそうだけど逆に夏は暑いんじゃない?と思われる方も多いのではないでしょうか?
実はそうではなく、夏も冬も光熱費を節約しつつ快適に過ごせるんです。

 

なぜかと言うと、夏は冷房によって冷やした空気を外に逃がさず、かつ外の熱気が中に伝わらないからです。(冬は逆のことが起こります。)
したがって、冷暖房の利用を最小限にとどめることができるため光熱費の節約につながります。

 

*ヒートショックの心配要らず
ヒートショックとは高齢者によく見られる症状で、急激な温度変化によって血圧や脈拍に急な変化が起こり、脳梗塞などにつながる可能性があります。
気密性や断熱性が悪いと、ドアの近くや壁付近の温度と冷暖房機器の周囲の温度の差が大きくなってしまいます。

 

しかし、気密性と断熱性を高めることで、室内に空気が循環するため室内の温度のムラを小さくでき、ヒートショックの心配がなくなるのです。
この時、気密性と断熱性は二つで一つで、どちらかが悪いと効果がありませんので注意しましょう。

 

*防音効果に優れている
気密性が高いことで遮音性も良くなり、室内の音は外から聞こえにくくなり、外の音は室内から聞こえにくくなります。
自分の生活音が気になる方や電車や車の音がうるさいと感じる方には嬉しい効果ですね。

 

□まとめ
今回は、住宅を高気密高断熱にすることのメリットをお伝えしました。
高気密高断熱は、たくさんのメリットがあり快適に過ごすことが出来るため、近年多くの住宅で取り入れられています。
みなさんも注文住宅を建てる際には高気密高断熱にして、快適な暮らしを手に入れてみてはどうですか?

 

ヤマジホームが手掛けた、素敵なお家はこちらから
https://zesttoku.com/gallery/

資料請求はコチラ!

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。