• Home
  • スタッフブログ
  • 高気密・高断熱の注文住宅のメリットとは?徳島県の建築業者が解説!

スタッフブログ

Blog

2019/04/06

高気密・高断熱の注文住宅のメリットとは?徳島県の建築業者が解説!

コラム

注文住宅でお悩みのことはありませんか。
「高気密・高断熱住宅のメリットデメリットを知りたい」とお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、高気密・高断熱住宅のメリットデメリットについて徳島県の建築業者が解説します。

□メリット

 

*省エネ


高い断熱性を持つ家は外部と内部の環境を分け、熱が伝わりにくい家であり、夏は涼しく、冬は暖かい家になります。
高い機密性の家は壁や天井、窓枠などの隙間をできるだけ少なくした家であり、そうすることで夏は涼しい空気が外に漏れにくく、冬は暖かい空気が部屋の中にとどまります。
そのため、エアコンや暖房が効きやすく電気代が安くなります。

*ヒートショック


冬場は暖房をつけている部屋とつけていない部屋の温度差は10度を超えると言われています。
暖かい部屋から寒い部屋に移動したとき、血圧が上昇します。
これは筋肉を震わせて熱を作るためであり、同時に血管を細くするからです。
このように急激な血圧の変化によって、心筋梗塞や不整脈などが起こることをヒートショックと言います。
特にこれはお年寄りの方に起こりやすいです。
高気密・高断熱の住宅では、部屋と部屋の気温差が小さくなるため、ヒートショック防止につながります。

*長寿命


この家は構造の内部で結露を起こさないため、木材が腐らず家が長持ちします。
そのため、この家は結露には非常に強いです。

*汚染物質の防止


外部との空気をできるだけ遮断する家なので、外気の汚染物質の侵入を防止します。
そのため、部屋の空気の鮮度が維持できます。

□デメリット

 


この家のデメリットは換気をしないといけないことです。
気密性が高いと空気がこもりやすいため、新築の家の場合シックハウス症候群を引き起こす可能性があります。
また、暖房器具の制限がされます。
空気がこもりやすい家であるため、石油ストーブなどを使用すると一酸化炭素中毒の危険があります。
しかし、この家はもともと暖かいので、あまり暖房がいらないです。
そのため、一度部屋を暖めるだけで十分なので、そのようなリスクはありません。
このように、高気密・高断熱住宅のデメリットはほとんどないのです。

□まとめ

 


高気密・高断熱住宅のメリットデメリットについて挙げました。
上記で説明したようにメリットが多く、デメリットが少ない住宅なので、注文住宅でお困りの方は一度検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様のニーズに合わせた注文住宅のご依頼をお受けしています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

月別アーカイブ

人気の記事

まだデータがありません。