NEWS&BLOG

新着情報 & スタッフブログ

BLOG

2019.06.13 update.

#日々のブログ

徳島県で注文住宅を考えている方へ、ロフトについて解説!

「徳島県で注文住宅を考えていて、ロフトをつく作ろうか悩んでいる」
「注文住宅でロフトを作るメリットとデメリットを教えて欲しい」
そのようなことを考えている人はいませんか。
ロフトにおしゃれなイメージを持っている方もいるでしょう。
今回は注文住宅でロフトを作るメリットとデメリットについて解説します。

□ロフトの特徴とメリット
ロフトとはどういうものか、どういうメリットがあるのか詳しく解説します。

 

*ロフトとは
ロフトは屋根裏に作った部屋のことを言います。
ロフトは、建築基準法で、はしごが固定されていない、下の階の8分の1の広さ、天井の高さが1.4m以下の三つの条件が決められています。

 

*収納スペースが増える
ロフトを作る一番のメリットが、収納スペースが増えることです。
そのため、住宅にあまり多くの収納スペースを作れない方や、荷物を隠して収納したい方におすすめです。

 

*寝室や趣味の部屋として使える
ロフトはあまり広く作れないので、部屋として使うのは開放感がなく狭いかもしれません。
しかし、寝室としてベッドを置いて使うことや、自分だけの秘密基地のような感覚で使えます。
閉鎖的な環境が好きな方や、集中して何かしたい方には、誰にも邪魔をされずに、落ち着いた空間として使えるでしょう。

 

*下の階の開放感が出る
ロフトを作ると、天上を高くする必要があります。
そのため、ロフトのある住宅は、天井が高くなり開放感が出ます。

 

□ロフトのデメリット
注文住宅でロフトを作るデメリットについて解説します。

 

*エアコンの電気代がかかる
ロフトをつけると天井を高く するので、夏や冬 は、冷やしたり、暖めたりする効率が悪くなります。
そのため、電気代が多くかかってしまったり、エアコンが効きにくくなったりします。
また、ロフトは天井に近いので、夏は暑く、冬は寒くなる傾向があります。

 

*掃除しにくい
ロフトは天井が低く掃除しにくいので、ごみやほこりが溜まることがあります。
また、ロフトは階段を設置できないため、掃除機を運ぶ必要があります。
高齢者には重労働でしょう。
さらに 、換気がしにくいの で、荷物を置く際には、乾燥剤などで、防カビにも気をつける必要があります。

 

□まとめ
今回は注文住宅でロフトを作るメリットとデメリットについてについて解説しました。
注文住宅でロフトを作ることを考えている方は、メリットとデメリットを理解して作ってくださいね
徳島県で注文住宅のロフトについて詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。