NEWS&BLOG

新着情報 & スタッフブログ

BLOG

2019.01.17 update.

#日々のブログ

徳島県で長期優良住宅を建てるには?メリットをご紹介!

「長期優良住宅に興味はあるけど、本当にお得なのか分からない。」
「普通の戸建て住宅と何が違うの?」
このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
長期優良住宅という言葉を耳にしたことはあっても、詳しくは知らない方も多いのでは?
今回は長期優良住宅のメリットについて詳しくお話します。

□長期優良住宅とは?

改めて説明すると、国土交通省によって「長年住人が快適に住める家」であると認定された家のことです。
長期優良住宅の最大の特徴は75年以上暮らす事ができて、家の設備にも劣化が起こりにくいこと。
バリアフリーの導入などライフステージに合わせて住環境を変えやすく、住人が長い間暮らしやすいことも大きな特徴ですね。

□ほんとうにお得なの?
長期優良住宅について一応理解はできたけど
本当にお得なのかまだ分からない方も多いのではないでしょうか?
そのような方のために長期優良住宅のメリットとデメリットを比較していきます。

【デメリット】

*費用が高額

施工にかかる費用は一般的な注文住宅と比較すると2割ほど高くなります。
長期優良住宅を建てるのをためらう大きな理由ですね。

 

*点検を行う必要がある

長期優良住宅は施工してから一定期間ごとに点検が義務付けられており、ランニングコストがかかってしまいます。

【メリット】

*安心して住む事ができる

一般的な住宅の耐用年数は30年前後ですが、長期優良住宅は75年〜100年間住む事ができると言われています。

*資産価値が上がる

日本では国を挙げて長期優良住宅や省エネ基準を満たす住宅の普及に尽力しており、一般的な戸建てに比べて、長期優良住宅の方が資産価値は高くなります。

*補助金を受けられる

上記で高額な費用をデメリットに挙げましたが、長期優良住宅の建設には国や地方自治体から補助金を受ける事ができます。
「地域住宅グリーン化事業」「市町村住宅関連補助金制度」などの補助金を申請する事ができ、最大で140万円の補助金が適用されます。

*住宅ローンがお得に組める

長期優良住宅を建てる際には住宅ローンの控除額が大きくなることをご存知でしたか?
一般的な住宅では最大で400万円しか控除されないのに対し、長期優良住宅は最大で500万円控除されます。
またフラット35などの住宅ローンの金利が低くなることも大きなメリットですね。

□さいごに

今回は長期優良住宅のメリットを詳しくお伝えしました。
確かに高額な費用などのデメリットも存在します。
ですが補助金やローンの控除も受けられるので、長期的な視点で考えればメリットがデメリットを上回るのではないでしょうか?
徳島にお住いの方で長期優良住宅に興味がある方はぜひ当社までお問い合わせ下さい。